2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 01月 31日 ( 4 )

 援助物資窃盗の容疑で逮捕されたNGO「政府監視団(Gowa)」のファリド・ファキは、自由アチェ運動(GAM)との関与について取調べを受けている。イスカンダル・ムダ軍管区軍警察は29日、ファキがGAMに物資を横流ししていないか調べるように命じた。国軍によれば、ファキは、鋭利な武器(山刀)、医薬品、軍糧、迷彩服用の布を盗んだ疑いがあるという。
 ファキのGAM関与に関する容疑は、ファキが管理する倉庫付近で26日、銃撃戦が起きたことから来ている。(Media Indonesia, 05/01/31)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-31 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 自由アチェ運動(GAM)大アチェ県広報官ムクサルミナは31日、ファリド・ファキが GAMに物資を横流ししていたとの報道を否定した。ムクサルミナは、津波以降、GAMは誰からも物資を得ていないという。「わたし自身、ファリド・ファキという人物について何も知らない」
 また物資を管理するために用いられている倉庫が、インドネシア国軍のものであることから、GAMが近づくことなどありえないという。
 警察も、ファキに対する取調べが、GAMとの関与に関するものであることを否定した。匿名を条件にしたバンダ・アチェ市警察のある取調官は、ファキへの取調べが窃盗容疑に限られていると述べている。(TEMPO Interaktif, 05/01/31)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-31 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 ハミド・アワルディン法・人権相は31日、ジョカルタの法務省庁舎において、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)代表が、再度会合を開く予定であることを明らかにした。しかし、現在のところ、その時期については確定していない。「GAMは、ナングロー・アチェ・ダルサラム特別自治に関する2001年法律第18号の内容を検討する時間を求めてきた」
 ハミドによれば、フィンランドのヘルシンキで開かれたインドネシア政府とGAMとの会合は非公式なものであるという。しかしハミドは、そのヘルシンキでの会合がインドネシア政府の代表とGAMの代表が直接話をしたはじめてのものだと断言している。(TEMPO Interaktif, 05/01/31)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-31 12:00 | 和平への動き
 バンダ・アチェにあるシャ・クアラ大学学長補佐のダルニ・M・ダウドは、津波の結果、同大学の教員110名が死亡したことを明らかにした。その教員のうち教授資格者は3名、博士号保持者は5名だった。また職員も102名が死者した。「彼らは、一般的に津波に襲われた危険な地域に住んでいた」
 またダルニは、教員と職員の夫、妻、子ども395人も津波の犠牲者となったと述べた。さらに彼らの家380戸も全壊した。
 シャー・クアラ大学側は、津波による犠牲者や、家を失った者たちに対し、支援をするつもりであるという。(TEMPO Interaktif, 05/01/31)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-31 12:00 | 被災状況