2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2005年 05月 29日 ( 2 )

 日本の国会議員であるヤツ・ヨシオは29日、アチェを訪問、津波被災者に、世界食糧計画(WFP)経由で日本から送られた支援物資をチェックした。ヤツはWFPスタッフとともに、大アチェ県バイトゥサラム郡カジュ村の倉庫を訪問した。ヤツは2日間にわたってコメや食糧の配布状況を調べるという。カジュ村以外にもクルン・ラヤの倉庫も見るという。30日には西アチェ県ムラボーも訪問する。(TEMPO Interaktif, 05/05/29)
[PR]
by NINDJA | 2005-05-29 12:00 | 外国軍・援助機関の活動
 ヘルシンキでおこなわれているインドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)の和平協議は29日にも続けられ、仲介者である危機管理イニシアティブ(CMI)の治安面に焦点を当てた提案についての協議がおこなわれる。GAM広報官のバフティアル・アブドゥラは、話し合いの基盤ができたと述べ、このCMIの提案について協議する予定であると示している。しかし、インドネシア政府側からの提案もあり、これで決着するわけではないという。
 26日からはじまった協議では、政治参加、治安、外国オブザーバーの参加問題などが話されてきた。また、28日にはEUのオブザーバー参加が双方によって合意された。(Jakarta Post, 05/05/29)
[PR]
by NINDJA | 2005-05-29 12:00 | 和平への動き