2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 07月 31日 ( 1 )

 欧州連合(EU)和平監視団のメンバー3人が30日、正規任務より2週間以上前にアチェに到着した。3人の監視員はオランダ人のピーター・フェイス、フィンランド人のヤッコ・オクサネンとユハ・クリステンセンで、数百人の監視員の拠点を準備するため、ビルン県、ロスマウェ市、中アチェ県を訪問する予定である。
 300人からなる和平監視団は、8月15日にヘルシンキで政府と自由アチェ運動(GAM)による和平協定の正式調印後、アチェに到着する予定である。
 外務省によると、和平監視団の主な任務は、GAMによる武器の引渡しと国軍派遣部隊のアチェからの撤退を監督することである。また、和平協定の遵守を監視し、違反が発生した場合は紛争解決のメカニズムを設定する。
 EUは軍人と文民からなる監視団を先導し、約200人の監視員はEUから提供される。監視団には、東南アジア諸国連合(ASEAN)のマレーシア、シンガポール、タイ、ブルネイとフィリピンも参加する。監視員は6カ月間にわたり任務を遂行し、その後6カ月の延長の可能性も付与されている。(Jakarta Post, 05/07/31)
[PR]
by NINDJA | 2005-07-31 12:00 | 和平への動き