2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 10月 14日 ( 2 )

 マルフ内務相は13日、政府が、作成されたアチェ政府法案について、アチェ住民による草案も考慮しつつ検討していくつもりであることを表明した。マルフ内務相によると、政府は、政府案とアチェ住民による草案とどちらが正しいというのではなく、今後は対話の場を設け、批判の声も積極的に聞き入れていく用意があるという。(Sinar Harapan, 05/10/14)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-14 12:00 | 和平への動き
 自由アチェ運動(GAM)は14日、第2回目の武器の引渡しの準備をはじめた。
 政府側とGAMは8月に第1回の取り決め実行、GAMは所有する武器840丁の4分の1を引き渡し、政府側は6500人の兵士をアチェから撤退させた。
 北アチェ県のパロ・ガデン村では、欧州連合(EU)率いるアチェ監視使節団(AMM)が14日、GAMがこの先2、3日かけて引き渡す210丁以上の武器の受け取りの準備に取りかかっていた。政府側は、6500人以上の兵士を撤退させる予定である。(AP, 05/10/14)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-14 12:00 | 和平への動き