2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 10月 17日 ( 1 )

 アチェの国軍広報官エリー・ソティコは17日、国軍の650部隊(6000人以上の兵士)が18日に撤退することを明らかにした。同日、自由アチェ運動(GAM)は第2段階の武器引渡しをおこなう。
 和平協定による第1段階で、GAMは240丁の武器を引き渡し、政府は警察官1500人、兵士6500人をアチェから撤退させた。GAMは今年末までに所有する武器840丁をすべて引き渡すことになっている。いっぽう、政府側は3万人いる兵士と1万5000人いる警察官をそれぞれ1万4700人、9100人以下に減らすことが取り決められている。(Radio Australia, 05/10/17)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-17 12:00 | 和平への動き