2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 10月 20日 ( 3 )

 アチェ監視使節団(AMM)代表のピーター・フェイスは19日、バンダ・アチェで記者会見を開き、東アチェ県のプダワで自由アチェ運動(GAM)の4人に発砲した国軍兵士を処罰するよう求めた。同事件は国軍によるヘルンシキ和平合意の最初の違反行為であり、フェイスは「国軍兵士が不適切に武力を使ったことが遺憾でならない」と述べた。
 これとは別にイスカンダル・ムダ軍管区司令官スピアディン少将は、国軍が同事件を調査中で、罪を犯した者は処罰すると語っている。
 14日の事件は、AMMによって報告された2番目の和平合意違反であった。9月初旬、AMMは北アチェ県でGAMメンバーが国軍兵士に発砲した事件を報告した。この事件による死亡者や負傷者は報告されていない。(Jakarta Post, 05/10/20)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-20 12:00 | 和平への動き
 政府は20日、和平合意で約束された国軍撤退の第2段階として、新たに1500人の兵士をアチェから撤退させた。18日にすでに撤退した2000人以上の国軍兵士と同様、今回の撤退部隊も北アチェ県のクルン・グク港から出航した。24日に国軍部隊の第3段階の撤退がおこなわれれば、アチェの紛争のために派遣されていた2万4000人の派遣部隊のうち半分が配置換えされたことになる。残った国軍兵士や警察は、GAMの武器回収が完了したのちにアチェを撤退することになっている。(Radio Australia, 05/10/20)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-20 12:00 | 和平への動き
 イスカンダル・ムダ軍管区司令官のスピアディンは20日、アチェの和平は続いているものの、住民に対する恐喝や犯罪行為が増加していると述べた。同司令官によれば、特定のグループが恐喝行為をおこなっているという報告をほぼ毎日受けているという。そのため司令官は、住民に対し、警察、あるいはアチェ監視使節団(AMM)に通報するよう要請している。
 また司令官は、ピディ県と北アチェ県において、村で和平についての説明をおこなう際、自由アチェ運動(GAM)メンバーが住民を扇動している兆候がみられると述べた。(TEMPO Interaktif, 05/10/20)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-20 12:00 | 和平への動き