2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 10月 30日 ( 2 )

●GAM高官、アチェに戻る

 スウェーデン在住の自由アチェ運動(GAM)高官2人バフティアル・アブドゥラとムナワル・ゼインは31日夕刻、イスカンダル・ムダ空港に着き、バンダ・アチェに戻る。2人はすでにクアラ・ルンプルに到着している。アチェ監視使節団(AMM)GAM代表のイルワン・ユスフが明らかにした。2人の帰還は、和平合意をGAMメンバーたちに広め、GAMが和平プロセスにコミットしていることに注目させるためであるという。(TEMPO Interaktif, 05/10/30)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-30 12:00 | 和平への動き
 国民福祉担当調整相次官は30日、政府が自由アチェ運動(GAM)の旧メンバーに対して、4500億ルピアの生活保護基金を提供することになることを明らかにした。この生活保護費が拠出されるのは6カ月間で、1000万ルピアの資金と住宅が供与される。4500億ルピアの基金のうち、2000億ルピアは国家予算から、残りは寄付金から拠出される。この基金は国家開発企画庁、とアチェ復興庁の両者の調整によって拠出される。(TEMPO Interaktif, 05/10/30)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-30 12:00 | 和平への動き