2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 12月 30日 ( 1 )

 ユスフ・カラ副大統領は30日、アチェ監視使節団(AMM)が、当初の任期満了の3月15日から数えて3カ月から最大6カ月まで任期を延長することに合意したと語った。
 200人のメンバーから成るAMMは、和平協定実施の監視のため、8月よりアチェに滞在しており、3月15日には任期終了だったが、3月に実施される予定の地方政府の選挙監視のため任期が延長されることになった。この選挙には元自由アチェ運動(GAM)の参加も認められている。
 なお、カラ副大統領は、任務遂行のためAMMメンバーの数は100人で十分だと述べている。(Jakarta Post, 05/12/30)
[PR]
by NINDJA | 2005-12-30 12:00 | 和平への動き