2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2006年 01月 13日 ( 1 )

 ユスフ・カラ副大統領は12日、来週フィンランドで、亡命中の自由アチェ運動(GAM)指導者たちと会談することを明らかにした。カラは、GAMとインドネシア政府のあいだでおこなわれた和平合意を推進してきており、マルクやポソの紛争を終結させたマリノ合意の調停にも関わっていた。
 今回の訪問では、個人的に和平プロセスを仲介したフィンランド政府に感謝するとともに、ハサン・ティロも含めたGAMの指導者たちと、GAMの非武装化と国軍撤退後のアチェ和平の維持について話合う意向である。しかし、スウェーデンに住む83歳になったティロの体調を憂慮している。
 カラは、17日にベルギーに向けて経ち、ベルギー首相と会談したあとに、19日にフィンランドに向かい、さらに21日に日本のビジネス関係者と会談する予定である。(Jakarta Post, 06/01/13)
[PR]
by NINDJA | 2006-01-13 12:00 | 和平への動き