2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2006年 01月 14日 ( 1 )

 ユスフ・カラ副大統領は14日8時から、ディポネゴロ通りの官邸で、アチェ行政法案について話し合うため、統一インドネシア内閣の10閣僚を集めた。集まった閣僚は、AS・ウィドド政治・法・治安担当調整相、ハサン・ウィラユダ外相、M・マルフ内相、ハミド・アワルディン法・人権相、ソフィアン・ジャリル通信情報相などである。
 アチェ行政法は、和平覚書後の自由アチェ運動(GAM)の武器引き渡し、国軍派遣部隊の撤退などの状況に適用されるべき法案である。この法案に対しては闘争民主党のように、連邦制を促すものとして反対の声もある。(detikcom, 06/01/14)
[PR]
by NINDJA | 2006-01-14 12:00 | 和平への動き