2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2006年 07月 10日 ( 2 )

 10日午後1時15分ごろ、アチェ住民投票情報センター(SIRA)タミアン代表サムスル・バフリと SIRAブラン・ピディ代表サハルディンが、治安当局に逮捕された。彼らの状況は不明である。サムスルはタミアン県警察諜報部長に連行され、サハルディンはブラン・ピディ警察に連行された。
 サムスルはランサの交差点でビラを配布しているときに逮捕された。逮捕時、警察はビラをずたずたに引きちぎった。サムスルは逮捕されるとき、警官1人に殴られてもいる。なお、サムスルの逮捕後、SIRAの活動家であるハナフィも逮捕されている。
 SIRAのスポークス・パーソンで「平和的一斉ストライキ」のコーディネーターであるダワン・ガヨによると、彼らは一斉ストライキを呼びかけるビラを巻いたことで逮捕されたという。アチェの市民団体は、11日に国会本会議で可決される予定のアチェ行政法案を完全なものにするため平和的に大衆ストライキを呼びかけている。ストライキは11日の6時から12時までおこなわれる予定である。
 ダワンは、SIRA活動家は法に触れておらず、彼らの逮捕は遺憾であると述べた。(SIRA, 06/07/10)
[PR]
by nindja | 2006-07-10 12:00 | 和平への動き
 M・マルフ内相は10日、アチェ州で9月に選挙を実施する計画であることを明らかにした。選挙の実施につながるアチェ行政法案は、11日に議会で承認されるとみられる。
 今回のアチェ行政法案が可決されれば、国内埋蔵量の5.5%を占めるアチェ州内の石油と天然ガスからの収益に対し、州政府が強い権限をもつことになる。(Jakarta Post, 06/07/10)
[PR]
by nindja | 2006-07-10 12:00 | 和平への動き