2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 08月 28日 ( 2 )

 アチェ州ビルン県コタ・ジュアン郡ムナサ・ダヤ村で爆弾が炸裂した事件の被害者ファディル(4歳)は28日、ビルン・ドクター・ファウジア公立病院で手術を受けた。この手術はおなかの傷を閉じるためのものだ。ほかの子どもたちは回復しはじめている。この事件では、イクバルという名の子どもが死亡してている。
 爆弾はアチェ紛争時に国軍が所有していたものだと思われる。この1カ月間でビルンでは4つの爆弾が発見されている。(Liputan6.com, 06/08/28)
[PR]
by nindja | 2006-08-28 12:00 | その他
 アチェ復興庁財務次官アミン・スベクティは28日、復興庁が11億米ドルの資金不足に陥っていることを明らかにした。この資金は、たとえば家屋建築12万8000戸、家屋修繕8万5000戸といったようなインフラ整備のためにつかわれるものである。アチェ復興に必要な資金は60億米ドルにのぼるが、調達できているのは49億米ドルだけである。そのうちの21億米ドルは国家予算から、 28億米ドルは外国からの資金である。また不足分は、外国の援助(贈与)を通じて得ようとしている最中で、借金には頼らないという。(TEMPO Interaktif、06/08/28)
[PR]
by nindja | 2006-08-28 12:00 | 援助の問題