2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:人身売買( 3 )

 社会省は17日、米国バージニアに本部のあるミッショナリー団体「ワールド・ヘルプ」によって、アチェの子ども300人がジャカルタに送られる計画について捜査するよう、警察に要求した。社会省次官は、誘拐であるため、ワールド・ヘルプを12年の実刑に処することができると語っている。
 さらに社会省児童保護局長は、国際警察機構と外務省がすでに現場検証をおこなったことを明らかにした。現在まで、子どもが誘拐された兆候はないという。
 ワールド・ヘルプ代表は『ワシントン・ポスト』紙で、300人の子どもたちについて、次のように語っていた。「子どもたちは、家を失い、貧しく、トラウマを抱え、親を失い、目的もなく、住む場所も食べ物もない。もしキリスト教孤児院に彼らを入れることができれば、キリストへの信仰が生まれ、アチェの人びとに広まっていくだろう」
 しかし、その翌日、ワールド・ヘルプは、インドネシア政府から許可を得られなかったため、計画を中止したことを明らかにした。
 アメリカにおいても、ワールド・ヘルプは批判を受けている。アチェの人びとを襲った災害を利用して、キリスト教化をおこなうべきではなかったと評価されている。(TEMPO Interaktif, 05/01/17)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-17 12:00 | 人身売買
 国連児童基金(ユニセフ)は14日、インド洋津波後に、児童の人身売買や児童虐待の報告を受けていないことを明らかにした。また政府も、有効な保護政策を講じているという。ユニセフ総裁のカロル・ベラミーは、インドネシア政府が養子縁組の中止、とくにアチェの避難民キャンプの児童の養子縁組を禁止し、子どもが国外に連れ去られないよう空港での監視をおこなっていると述べた。(Jakarta Post, 05/01/15)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-15 12:00 | 人身売買
<アチェの友人とともに支援に加わったマレーシア人学生から>
メダンからロスマウェまで3回、インドネシア国軍による検問があった。最初の検問で、軍は身分証明書を携帯しない女性に25万ルピアを要求し、彼女は10万ルピアを支払わなくてはならなかった。

<自由アチェ運動(GAM)ゲリラから>
ピディ県バンダル・バル郡ルン・プトゥ駐屯の国軍第144大隊は、この 2日間、迫撃砲とロケット弾を用いて攻撃を仕掛けている。ティロ駐屯の国軍第515大隊は、村人の食糧を奪った。

<ロッ・ンガのGAM司令官から>
国軍第112歩兵大隊兵士は全滅した。またGAM駐屯地近くの村人もほとんど死亡、生存者に食糧を届けようとしたが、国軍に攻撃された。

<転送メッセージ>
「バタム、バンドゥン、ジャカルタにて、アチェ被災者の0~3歳の赤ん坊を養子にする用意のあるムスリムを募集中、女性の名、携帯番号」との携帯メッセージが流れ、女性に電話し、さまざまな質問をしたところ、突然電話を切られた。
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | 人身売買