2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:被災状況( 60 )

 アチェ・ジャヤ県知事ズルフィアン・アフマドは、まるで原爆を落とされた町の敗戦司令官のようだ。アチェ・ジェヤ県庁所在地チャランは、県庁舎、裁判所、魚市場、刑務所、何もかもが倒壊した。
 被災から2週間たつ今日まで、援助もボランティアもほとんどない。チャランの状況は、ムラボーよりひどいにもかかわらずである。食糧も医療支援も不足し、遺体収容もほとんど終わっていない。
 アチェ西海岸沿いの小さな町は、もともと1万1500人の人口を擁していた。「いま30%を残すのみだ」ズルフィアンは語る。
 ズルフィアン県知事の家族も全員、行方不明になったか死亡した。たまたまバンダ・アチェにいた一人の子どもを除いて。生き残った助役とともに、ズルフィアン県知事は現在、インドネシア海兵隊のテントで暮らす。
 家を失った数千人はいま、丘陵地域に避難した。彼らは、あらゆるものから緊急テントを建てている。テント地、ビニール、それどころか遺体袋までがつかわれている。遺体を処理する人員が足りないために、遺体袋もあまっているのだ。
 食糧は比較的十分であるとはいえ、排泄物や遺体のにおいが混ざり合い、清潔な水も得るのが難しく、下痢などの病気がすでに広まりはじめている。
 「食糧と、避難民のためによりよいテントが必要だ」とズルフィアン県知事は語る。チャランへのコメ供給は十分だが、トゥノムやパンガなど周辺から来る避難民に対しても与えられるため、あと数日で尽きると考えられている。(後略)(Pena Indonesia, 05/01/09)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-09 12:00 | 被災状況
社会省が発表した最新の情報では、7日までの時点で、ナングロー・アチェ・ダルサラム州と北スマトラ州における地震と津波による死者は11万3306人に達した。さらに1万人以上が行方不明、また住居を失ったため54万4927人が避難生活を余儀なくされており、数千人がさまざまな病院で治療を受けているという。(Kompas, 05/01/07)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-07 12:00 | 被災状況

●4日までの犠牲者数

 保健省のデータでは、犠牲者数は9万4100人にのぼると推定されている。行方不明者の数は1400人を超えている。内訳は、大アチェ1万6000、バンダ・アチェ1万5000、アチェ・ジャヤ1万5000、ムラボー1万5000、チャラン8000、北アチェ1540、ピディ1359、ビルン594、ナガン・ラヤ500、サバン500人、東アチェ224、ロスマウェ157、クルン・マネー117、シムルー6、南アチェ6、アチェの島々4000人。北スマトラ州の死者の内訳は、ニアス227、チュルミン海岸6、中タパヌリ1、メダン・アダム・マリク公立病院での死者が3。(Antara, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | 被災状況

●2日までの犠牲者数

 社会省の2日のデータでは、犠牲者数は8万259人となった。現在も遺体の収容はつづけられており、犠牲者数は増え続けている。内訳は、バンダ・アチェ1万5000、アチェ・ジャヤ1万5000、大アチェ1万4000、サバン1万2000、ムラボー1万200、チャラン5000、北アチェ1855、ピディ1359、ビルン594、ナガン・ラヤ500東アチェ224、ロスマウェ 157、クルン・マネー117、シムルー6、アダム・マリク病院3、アチェその他の島4000。北スマトラ州の死者の内訳は、ニアス227、チェルミン海岸8、デリ・スルダン8、中タパヌリ1。行方不明者は1542、治療中は2086、避難民は10万8083、倒壊した家屋は4万1783。(detikcom, 05/01/02)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | 被災状況

●犠牲者数、8万人に

 30日21時現在の死者数は7万9940人。内訳は、バンダ・アチェ1万5000、クルン・マネー117、東アチェ224、ロスマウェ157、ビルン594、ピディ1359、北アチェ1540、ナガン・ラヤ500、アチェ・ジャヤ1万5000、チャラン5000、サバン500、シムルー4、ムラボー1万200、大アチェ一万4000、アチェ島4000、南アチェ6。北スマトラ州の死者は、ニアス227、チェルミン海岸8、中タパヌリ1。行方不明者は両州で1240。(Waspada, 04/12/31)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-31 12:00 | 被災状況

●アチェからの声

 バンダ・アチェの避難民キャンプには、まったく援助が届いていない。援助はメダンで押さえられてしまっている。共用の台所もなく、避難民は料理することもできない。1m歩けば遺体が転がっている状況である。家族・親戚を探しているとアチェ外から来た人びとが、女性の遺体から貴金属を奪うという事態も発生している。29日、北アチェ県からビルン県にかけて、津波が押し寄せるという噂が一斉に流れた。扇動した人がいるのではないか。
[PR]
by NINDJA | 2004-12-30 12:00 | 被災状況

●避難民数

<バンダ・アチェ>
Pendopo800、スラバヤ交差点1000、クデ・ビン200
<大アチェ県>
ダルサラム2000、ウレェ・カレン3000、ランバロ交差点1万2.000、カイェ・アダン・スリムン2500、ブラン・ビンタン6000、ランプヌルット1000、ダルル・イマラ5
<ピディ県>
レェ交差点5500人、シグリ7000、ウレェ・グレェ5000
<北アチェ県>
グドン・モスク4000、ムナサ・グドン2000、ムナサ・ムロン2500、ムナサ・クデ・バユ3500、ポリテクニク・モスク2000、チュッ・ムティア病院2000、ヒラク広場9000、ウムラ・モスク1500、ロスマウェ・スタジアム2000、マリクサレー大学3000
<東アチェ県>
タノ・アヌー1000、カンプン・バロ高校2500、郡庁舎4000、ビンジェ2000(SIRA, 04/12/30)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-30 12:00 | 被災状況

●30日までの犠牲者数

 30日までの死者数はアチェ州で4万5029人、北スマトラ州で239人。アチェの死者の内訳は、バンダ・アチェ9032、クルン・マネー117、東アチェ 41、ロスマウェ157、ビルン191、ピディ1359、北アチェ1540、ナガン・ラヤ168、アチェ・ジャヤ1万5000、チャラン5000、シムルー4、サバン20、ムラボー3400、西アチェ9000となっている。行方不明者は1237人となっており、その内訳は東アチェ5、ロスマウェ89、北アチェ443、ナガン・ラヤ700である。(Antara, 04/12/30)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-30 12:00 | 被災状況
<28日>
遺体袋、衣類、テント、医薬品、毛布、コンロ、食糧、水が緊急に必要。
<29日>
収容遺体数が多いのはタナ・パシル地域、50遺体はすでに埋葬された。避難民はロスコンに避難、食糧は不足、腹痛・痒み・寄生虫などの病気が発生。
[PR]
by NINDJA | 2004-12-30 12:00 | 被災状況

●犠牲者数(28日)

28日17時15分(西部時間)までの死者数(社会省確認)は1万2322人。内訳はバンダ・アチェ9000、ピディ1359、クルン・マネ117、ビルン191、東アチェ40、北アチェ1202、ロスマウェ157、サバン20、ニアス227、中タパヌリ1、チェルミン海岸8。(detikcom, 04/12/28)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-28 12:00 | 被災状況