2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 外国援助機関のアチェ入域に2週間の手続きが必要との報道。とても待てないとメダンからアチェ入りしたオランダ人は、途中で軍の検問に遭い、10万ルピア要求された。
[PR]
by NINDJA | 2004-12-30 12:00 | 国軍の援助妨害
 バフティアル・ハムシャ社会相、インドネシア汚職監視団(ICW)、トランスパランシー・インターナショナル・インドネシアなどNGOは29日、厳しく監視しなければ、多くの救援資金が汚職で不正流用されると警告した。インドネシアでは政府予算の30%が汚職で消える。(Dow Jones, 04/12/29)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-29 12:00 | 援助の問題
 アルウィ・シハブ国民福祉調整相は29日、ユドヨノ大統領が、アチェへの支援すべて、国民福祉担当調整相を通じて受け入れると定めたことを明らかにした。(TEMPO Interakif, 04/12/29)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-29 12:00 | 援助の問題

●届かない援助物資

 現在まで、アチェ外からの支援物資はすべて、インドネシア国軍によって、メダンで止められている。国軍は、全物資が国軍を通じて配給されなくてはならないと主張している。
[PR]
by NINDJA | 2004-12-29 12:00 | 国軍の援助妨害

●アチェ非常事態、解除

 ユスフ・カラ副大統領は、アチェがもはや非常事態ではないと述べるが、入域できるのは医者、技術者、ソーシャルワーカーなどに限定されると強調。(Kompas, 04/12/29)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-29 12:00 | 軍事作戦・人権侵害

●避難民数

 Kontras(行方不明者と暴力犠牲者のための委員会)が入手したデータによる避難民数は以下のとおり。北アチェ県:ムアラ・バトゥ5427人、チュット・ムティア病院8000人、クデ・シンパン・ムリン5000人、バユ・サッカー場4000人、ジュンパ県:マタン50世帯。なおKontrasは29日、船便および航空便で衣料品、食料、木材などを送っている。またスタッフ2人がガルーダ便でアチェに向かっている。バンダ・アチェのボランティア3人とも連絡がとれた。(Kontras, 04/12/29)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-29 12:00 | アチェNGOの活動

●犠牲者数(28日)

28日17時15分(西部時間)までの死者数(社会省確認)は1万2322人。内訳はバンダ・アチェ9000、ピディ1359、クルン・マネ117、ビルン191、東アチェ40、北アチェ1202、ロスマウェ157、サバン20、ニアス227、中タパヌリ1、チェルミン海岸8。(detikcom, 04/12/28)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-28 12:00 | 被災状況
 インドネシア政府、非常事態地域であるアチェへの入域について、海外の人道支援団体に対して便宜を図る予定であることを明らかに。ただし3日間は、国内からの支援に集中するという。(indosiar.com, 04/12/28)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-28 12:00 | 外国軍・援助機関の規制