2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 汚職撲滅委員会(KPK)は、579億ルピアの重機調達の入札書類偽造事件捜査のため、アチェに調査団を派遣する予定である。その理由は、現在おこなわれている調査が遅れているとKPKが感じているからである。
 その入札に参加した企業のひとつであるサリ・ティオド社のイスマイルシャ代表取締役は30日、苦情書類を提出した際にKPKのウィドド苦情処理部長と直接会い、同部長が早急に調査団を派遣を約束したと述べた。
 またイスマイルシャによれば、この事件にはアチェ・ニアス復興庁(BRR)、アチェ州道路計画振興作業部、入札委員会など多くの関係機関が関わっている可能性があるという。(Raja Post, 06/05/31)
[PR]
by nindja | 2006-05-31 12:00 | 援助の問題
 ユスフ・カラ副大統領は25日、東京での会議中、液化天然ガス(LNG)需要の50%をインドネシアからの輸入に依存している日本に対し、インドネシアでLNGプラントを開発することを勧めた。「将来、われわれは国内で増えているガス需要を満たすことを優先し、余剰が出た場合のみ輸出する」
 インドネシアのガス輸出のほとんどが日本向けで、これに韓国と台湾がつづいており、長期契約のもと、3カ国だけで1200万tのLNGをインドネシアから輸入している。日本向けの契約のいくつかは2008年で終わり、そのほかの契約も2010年に満期となる。そしてその後、契約を更新しないこともあり得るという。
 LNGの輸出が国内の燃料不足を招いており、アチェ州にあるアセアン・アチェ肥料社、イスカンダル・ムダ肥料社は、ともにガス供給不足により閉鎖された。また、クジャン肥料社も危機的であり、国営電力会社(PLN)も多くの発電施設にガスを供給できていない。(Jakarta Post, 06/05/26)
[PR]
by nindja | 2006-05-26 12:00 | その他

●GAM、連立候補を立てず

 アチェ移行委員会(KPA)の自由アチェ運動(GAM)側広報官であるソフヤン・ダウドは24日、来るアチェ州知事選挙において、GAMが独立候補を擁立し、ほかの政党との連立は考えていないことを明らかにした。候補者の名前は、アチェ行政法案が可決されたあとに発表するという。 (TEMPO Interaktif, 06/05/24)
[PR]
by nindja | 2006-05-24 12:00 | 和平への動き
 国家防衛研究所のムラディ所長は23日、ジャカルタの事務所で、同研究所の41周年の記念行事後、「アチェ問題はすでに解決した。和平が成立した。アチェが再びこじ開けられる必要はない」と語った。
 ムラディは、過去の事件について「真実と和解委員会」を通じて解決することにより賛成している。人権侵害者が過ちを正直に認めた場合、その解決方法が適用される。犠牲者は補償を得ることになり、被告は恩赦を受ける。しかし、同委員会によって有罪が立証されたにもかかわらず、本人が認めない場合、事件は人権法廷にかけられる。
 ムラディは、アチェの人権法廷を設置する政府の計画を受け入れている。さらにGAM側は、人権法廷が設置される前に起きた事件も裁かれることを望んでいる(遡及できる原則)が、それに対しムラディは、人権法廷の設置に関する2000年法律第26号よりも前に起こった事件についても適応されると説明した。しかし、事件は重大な人権侵害、すなわち組織的で広範囲に及ぶ大量虐殺という条件を満たしていなければならないという。(TEMPO Interaktif, 06/05/23)
[PR]
by nindja | 2006-05-23 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 自由アチェ運動(GAM)メンバーおよそ100名が21日、シャー・クアラ大学で集会を開催した。集会には、イルワンディ・ユスフ、ムハサミナ、ソフヤン・ダウド、元GAM司令官ムザキル・マナフや、海外からマリク・マフムド、ザイニ・アブドゥラ、ムナワル・リザ・ゼイン、バフティアル・アブドゥラなどが参加した。
 アチェ移行委員会(KPA)広報のソフヤン・ダウドによれば、集会はGAMの市民運動を強化するためだという。「MOUの内容に沿った、政治活動を実施する政治勢力を築いてゆく」
 22日まで続いた集会の主な議題は、ヘルシンキ覚書(MOU)の社会化、政党設立準備、アチェ行政法案討議の監督、アチェ地方選に対する政治戦略であった開発統一党がアチェ州知事の座を競い、元GAM活動家を加入させようとしているのは一般に知られている。開発統一党からはフマム・ハミド、GAMからは元GAM外務担当ザイニ・アブドゥラの兄弟ハスビ・アブドゥラがアチェ州知事選候補者に指名されている。ソフヤンは、「GAMは独立候補者を擁立し、選挙戦に参戦しようとしている。選挙の過程が透明でなければ、選挙に参加することはできない。ほかの政党には加わらない」と述べた。(TEMPO Interaktif, 06/05/22)
[PR]
by nindja | 2006-05-22 12:00 | 和平への動き
 アチェ行政法案を審議する国会特別委員会委員長フェリー・ムルシダン・バルダンは17日、500万ルピア入り封筒の配布問題について、これが予算に組み込まれたものであったにかかわらず、国会指導者がフェリーに相談することなく、倫理委員会に問題を持ち込んだことを残念に思うと語った。
 フェリーは、アチェ行政法案国会特別委メンバーに封筒を配ったことに責任をもち、倫理委員会の尋問にも応じると断言するとともに、この資金は外務相から出されたものであると説明した。なお、特別委メンバー全員はすでにこの金を外務相に返却しており、500万ルピアが倫理委員会に証拠として押さえられているという。(Suara Pembaruan, 06/05/18)
[PR]
by nindja | 2006-05-18 12:00 | 援助の問題
 世界銀行の調査は、自由アチェ運動(GAM)の元メンバーの失業が、アチェ和平協定に対する最大の脅威であると結論づけた。同調査によると、和平協定が署名されてから6カ月を経て、元GAMメンバーの4分の3が失業しており、90%が借金返済、または家族を養うために資金を必要としており、4分の3が住居がないという。
 同調査をおこなったパトリック・バロンは、長期的な観点で強奪行為の危険性と地域共同体に対するプレッシャーがあることから、人びとを仕事につける必要性があると語った。
 政府は、元GAMメンバー、政治犯および暴力の犠牲者を支援するため2298万ドルを割り当てており、この中に元GAMメンバー個人にたいする100万ルピア(113ドル)も含まれている。(Radio Australia, 06/05/15)
[PR]
by nindja | 2006-05-15 12:00 | 和平への動き

●アチェでまた地震

 13日10時11分、バンダ・アチェでマグニチュード5.9の地震が起きた。5日前にも南アチェ海岸部で地震が起きたばかりである。気象・地質局によれば、13日の地震は、バンダ・アチェ西方100kmの海底47km地点が震源地であったという。(TEMPO Interaktif, 06/05/13)
[PR]
by nindja | 2006-05-13 12:00 | その他
 アチェ・ニアス復興庁(BRR)長官クントロ・マンクスブロトは10日、津波後のアチェの開発において、32件の汚職が報告されたと述べた。
 クントロは、ジャカルタにあるホテル・ボロブドゥールで、アチェの援助金の実施状況について報告後、「われわれは、汚職撲滅委員会(KPK)に対し、本件について捜査をおこなうように要請した」と記者に対して語った。クントロによれば、捜査の権限はKPKにあり、BRRにはないという。
 BRRは、アチェとニアスの復興において 500余りの汚職に関する報告を市民から受けていたが、強い根拠のあるものは 32件のみだという。現在まで、BRRはKPKが捜査したケースについて報告を受けていない。(TEMPO Interaktif, 06/05/10)
[PR]
by nindja | 2006-05-10 12:00 | 援助の問題
 北アチェ県ムアラ・バトゥ郡チョッ・スラニ村の津波被災者たちから嘆きの声が聞こえる。問題はオランダの国際NGOであるACHが建設した住居が、2カ月しか経っていないのに多くの部分が壊れてしまったことにある。ロスマウェから30kmほど離れたチョッ・スラニ村の住宅を6日に視察した記者によれば、ACHが建設したタイプ36の住宅はすでに壊れており、セメントの床はひび割れ、窓枠と屋根の材木は非常に低品質なものだったという。ACHは第一段階として2カ月前に50軒の家を建てている。(Media Indonesia, 06/05/07)

訳注:ACHはロスマウェのNGOの間違い、オランダのTDHから資金援助を受け、津波被災者の家を建てた。北アチェ県サムドゥラ郡マタン・スリメン集落においても、ACHが建設した家が問題となっている。詳細は、NINDJAのアチェ活動報告ブログを参照。
[PR]
by nindja | 2006-05-07 12:00 | 援助の問題