2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 諜報研究・分析者のワワン・H・プルワントは8日、故クスマヤディ准将邸で発見された武器について、国軍が自由アチェ運動(GAM)に対して必要とされる非常用の武器調達であったと述べた。プルワントによれば、当時の状況下では、短時間で武器を調達する必要があったという。(TEMPO Interaktif, 06/07/09)
[PR]
by nindja | 2006-07-09 12:00 | 和平への動き
 アチェ監視使節団(AMM)は、北アチェ県パヤン・バコン郡で、元自由アチェ運動(GAM)兵士1人が死亡した発砲事件について、深刻な和平合意覚書違反であるとの見方を示した。 AMMは、この事件を治安規制委員会との会合の議題に取り上げる予定だ。
 AMMのGAM側代表であるイルワンディ・ユスフは6日、ある特定の側の傲慢さが引き金となった事件が、今回で最後になることを望むと述べた。また、この間進んでいる和平への道のりがこの事件によって台無しにならぬよう求めた。さらにほかのGAMメンバーに対しては、恨みを持たぬよう訴えた。
 イスカンダル・ムダ軍管区軍警察は、現在まだ事件の捜査をおこなっている。事件発生現場において現場検証がおこなわれたにも関わらず、誰一人として容疑者として特定されていない。(Liputan6.com, 06/07/07)
[PR]
by nindja | 2006-07-07 12:00 | 和平への動き
 7月11日に国会本会議においてアチェ行政法案が可決される予定であるが、アチェ
の各界から多くの反対の声が上がっている。
 アチェ住民投票センター(SIRA)のタウフィック・アブダは5日、国会の会派代表によって作成された法案について、多くの点がヘルシンキ和平合意覚書と矛盾していると述べた。そのうえ、法案の決定的な内容の多くについても、アチェ特別自治に関する2001年法律第18号や、地方行政に関する2004年法律第21号よりも、また人権法廷については、人権法廷に関する2000年法律第26号よりも後退したものであるという。
 たとえば、同法案8条には「アチェの方針は、アチェ議会の協議と考慮を通じておこなう」とあるが、この条項はヘルシンキ和平合意覚書に反しており、「考慮」ではなく当初の法案どおり「合意」に戻すべきだという。(SIRA, 06/07/06)
[PR]
by nindja | 2006-07-06 12:00 | 和平への動き
 ジョコ・スヤント国軍司令官は5日、3日に起きた国軍兵士発砲による死傷事件について、アチェ監視使節団(AMM)に向けられたものではない」と言明した。同事件は元自由アチェ運動(GAM)メンバーと国軍兵士との口論からはじまったもので、国軍部隊によれば発砲は威嚇射撃のつもりであったと受け止められているが、結果としてアチェ住民1名が死亡、警官1名が足を負傷している。(Suara Pembaruan, 06/07/05)
[PR]
by nindja | 2006-07-05 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 北アチェ県パヤ・バコン郡ブラン・シアレット村住民ムスレム(25歳)が3日、国軍の銃弾1発が肩から胸に貫通し死亡した。この事件は、国軍部隊に拘束されていたウマル(25歳)の釈放を求めてクデ・パヤ・バコン村住民がデモをおこなった際に起きた。
 目撃者の証言によれば、18時ごろ、タナ・ルアス郡スルバ・ジャマン村住民で、ドリアン売りのウマルがバイクで国軍部隊の詰所前を通った際、兵士に止められ、殴られた後、詰め所に連行されたという。ウマルは、これまで頻繁に国軍兵士にドリアンを要求されており、そのため、ウマルはドリアンに釘を入れたが、それが兵士を怒らせる結果となったようである。
 19時ごろ、ウマルに関する情報が周辺の村にすばやく広まり、住民たちが自発的に集まり、国軍詰所へ向かった。また別の住民は、アチェ監視使節団(AMM)に電話し、AMMロスマウェ代表が、ロスマウェの国軍高官とともに車で数百人のデモ隊のうしろについて進んだ。
 詰所に近づくにつれ緊張が高まり、無差別に発砲がなされ、その結果、デモ隊のなかにいたムスレムが撃たれ死亡したほか、住民1名とAMMの警備をしている警官1名が撃たれ、負傷した。(Acehkita.com, 06/07/04)
[PR]
by nindja | 2006-07-04 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 国会アチェ行政法特別委員会委員長のフェリー・ムルシダン・バルダンは6月30日、国会が懸案のアチェ行政法を7月11日の国会総会で承認し、法律が施行されることになる予定であることを明らかにした。同委員長によれば、アチェ行政法は、261条からなるという。特別委員会は7月13日、この法律をアチェで手渡す。(Jakarta Post, 06/07/01)
[PR]
by nindja | 2006-07-01 12:00 | 和平への動き