2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 アチェでは反乱が収まり平和になったことで、かつてはアクセスできなかった原生林への出入りが可能になり、元GAMメンバーは銃をチェーンソーに持ち替え、伐採で儲けるようになった。こうして、世界第3の規模を誇る熱帯雨林が危険にさらされている。
 アチェの密林で5年間、ゲリラ戦を闘ってきたタイディン(25歳)は「誰もが伐採に関わっている」と言う。平和が確立されたとき、タイディンは職がなく、現金を稼ぐため、多くの反乱軍のメンバーとともに樹齢100年以上の木材を切り出しはじめた。木材を切り出す許可がないので、警察に賄賂を握らせ州都バンダ・アチェに木材を搬出しているという。
 インドネシアの熱帯雨林は、過去50年間でその約40%を失った。「地球の友」や「世界自然保護基金(WWF)」によれば、スマトラやカリマンタンの低地では、毎年ニュージャージー州と同等の面積の森林伐採がおこなわれていることから、2010年にはこれら地域で森林が消失してしまうと予測している。
 いっぽう、地震と津波の復興支援に奔走する国内外の団体は、迅速な住宅建設と合法建材を使用する義務のバランスを取らなければならない。違法木材を購入し捕らえられた団体もあれば、木材使用の少ない設計に変えたり、合法木材を得るために建設を延期したりしている。2001年から商業伐採が禁じられているアチェでは、インドネシア他地域から材木を調達する傾向が強い。しかしWWFは、インドネシアの材木の70%が保護されていることから、国外から輸入するよう呼びかけている。しかしそれを実行しているのは4団体にすぎない。(Jakarta Post, 06/08/04)
[PR]
# by nindja | 2006-08-04 12:00
 ジャント地方検察庁は、政府監視団(GOWA)元コーディネーターのファリド・ファキ被告人に対し、ジャント地裁の判決どおり1年半の禁固刑の執行をおこなった。ファリド・ファキは、2名の検察官とともに4日10時50分(西部時間)に大アチェ県のブラン・ビンタン空港に民間航空機で到着し、そのままジャント刑務所へ移送された。
 ファリド・ファキは、2005年7月にアチェ津波被災者のための援助を横領した罪に問われ、ジャント地方裁判所から1年半の禁固判決を下された。ファリドは5カ月間刑に服したが、上告した際に市内軟禁の措置を受けた。しかし、最高裁判所が上告を棄却したため、残りの刑を受けなければならなくなった。(Antara, 06/08/04)
[PR]
# by nindja | 2006-08-04 12:00 | 援助の問題
 統一インドネシア内閣の閣僚3人(M・マルフ内相、ソフヤン・ジャリル通信・情報相、タウィック・エフェンディ国家機関強化相)が3日、アチェ行政法をアチェ住民に引き渡すためにアチェを訪れた。ユドヨノ大統領が署名した新法の引渡しは、バンダ・アチェのアチェ州議会でおこなわれた。(TEMPO Interaktif, 06/08/03)
[PR]
# by nindja | 2006-08-03 12:00 | 和平への動き
 GAMは2日、アチェ行政法の可決を歓迎する声明を発表するいっぽうで、いくつかの条項に関して、和平合意に沿ったものではないと拒絶の姿勢を示した。
 アチェの行政と立法の権限を定める第8条において、当初の合意では、インドネシア政府はアチェ政府との「合意」が必要とされていたが、最終的に「合意」の部分が、「協議」へとアチェ政府の権限が弱められた。
 透明性の原則を定める194条では、アチェ政府は会計検査院を通じて、独立した会計監査をおかなければならないが、当初の案では必ずしも会計検査院を通すことは言明されていなかった。
 そのほか国軍とその機能に関して、総兵士数は1万4700名と定められていたが、アチェ行政法においては明確な規定は削除されている。(TEMPO Interaktif, 06/08/02)
[PR]
# by nindja | 2006-08-02 12:00 | 和平への動き
 ステジョ・ユウォノ国民福祉担当調整相秘書官は2日、被災地への資金について、国会がブローカー業がおこなっていることを明らかにした。国会議員は、政府が同意しなければ、被災地への資金拠出を拒否すると脅しているという。「これは、政府の援助金を拠出する活動を阻害することになる。被害をこうむるのは住民だ」
 国会予算委員会委員長のエミル・ムイスは、すでに以前から災害資金のブローカー業がおこなわれているという噂を聞いていたと述べている。エミルによれば、現在少なくとも3名の予算委員会の議員がブローカー業に関与していた疑いがあるという。しかしエミルは、それらの人物の名前を述べようとしなかった。
 アグン・ラクソノ国会議長は、国会議員による災害資金のブローカ業問題について、その事実をまず立証するよう求めた。「名前もはっきりしていないのに、お互いを非難したり、中傷してはならない」(Liputan6.com, 06/08/02)
[PR]
# by nindja | 2006-08-02 12:00 | 援助の問題
 1日9時50分(西部時間)、30人のGAM受刑者が釈放され、メダンのポロニア空港経由で移送された。受刑者たちの釈放は、7月13日の恩赦にもとづいている。法・人権省北スマトラ州地区所長のウントゥン・スグヨノは1日、今回釈放されたすべての受刑者が刑事事件の受刑者であると語った。「しかしGAMとはまだ関係がある」
 ウントゥンによれば、これら受刑者は火器や弾薬の所有や強盗事件に関わっていたという。彼らの釈放は、54人の受刑者を釈放するという法・人権省の合意にもとづいている。
 3カ月前にも、法・人権省北スマトラ州地区所長は、13人のGAM受刑者を釈放し、ポロニア空港経由でアチェへ移送した。彼らも刑事事件受刑者と記録されており、2002年以来、3年から4年の刑で収監されていた。(TEMPO Interaktif, 06/08/01)
[PR]
# by nindja | 2006-08-01 12:00 | GAM情報
 ソフヤン・ジャリル通信・情報相は1日、アチェで地方首長選挙が終わるまで、アチェ監視使節団(AMM)の任務が延長されるよう、政府が要請したと述べた。EU理事会からは、まだ回答を得ていないという。ソフヤンは、ジャカルタでユスフ・カラ副大統領と会談後、「選挙は当初の計画では11月22日に実施予定だったが、のちに12月15日に決定された」と語った。
 AMMの任期は、本来3月までだったが、アチェ行政法の審議期間が延びたため、3カ月延長されて6月15日までとなり、その後さらに9月15日まで延期された。ソフヤンは、AMMが選挙前にアチェから引き上げた場合、外国からの選挙監視団を受け入れることになるだろうと述べている。(TEMPO Interaktif, 06/08/01)
[PR]
# by nindja | 2006-08-01 12:00
 ブリュッセルに本部を置くシンクタンク・国際危機グループ(ICG)は31日、報告書を発表し、数十年にわたる内戦の結果生まれたアチェにおけるイスラーム法の施行について、元来よいねらいがあったとしながらも、多くのアチェ人にとって、正義が促進されたという兆候もなく、女性や貧困層への圧力が圧倒的であると指摘した。
 その例として、金曜礼拝に行かない男性よりも、ジルバブを着用しない女性に対する警察の摘発の方がずっと多く、また、貧困層による小規模なギャンブルが厳しく罰せられるいっぽうで、組織的におこなわれているギャンブルは大抵見逃されていることが挙げられている。
 またイスラーム法の実施が、世俗の警察によっておこなわれることで、宗教と治安維持のあいだに緊張が発生することが長期的に懸念されるとICGは指摘している。(Jakarta Post, 06/08/01)
[PR]
# by nindja | 2006-08-01 12:00 | その他
 ブリュッセルに本部を置くシンクタンク・国際危機グループ(ICG)は31日、報告書を発表し、数十年にわたる内戦の結果生まれたアチェにおけるイスラーム法の施行について、元来よいねらいがあったとしながらも、多くのアチェ人にとって、正義が促進されたという兆候もなく、女性や貧困層への圧力が圧倒的であると指摘した。
 その例として、金曜礼拝に行かない男性よりも、ジルバブを着用しない女性に対する警察の摘発の方がずっと多く、また、貧困層による小規模なギャンブルが厳しく罰せられるいっぽうで、組織的におこなわれているギャンブルは大抵見逃されていることが挙げられている。
 またイスラーム法の実施が、世俗の警察によっておこなわれることで、宗教と治安維持のあいだに緊張が発生することが長期的に懸念されるとICGは指摘している。(Jakarta Post, 06/08/01)
[PR]
# by nindja | 2006-08-01 12:00 | その他
 アチェ反汚職運動に参加している津波被災者の住民は、アチェ・ニアス復興庁(BRR)のスルタン・イスカンダル・ムダ空港再建設計画に反対している。空港建設計画が、アチェの災害からの復興において優先すべきものではないからであるという。
 大アチェ県ラムトゥンゴの有力者であるアブドゥル・ワハブは27日、復興庁の決定について、見直されるべきであると述べた。「住民の多くの家屋はまだ建てられておらず、橋も修理されていない。小さな民にとって必要のない空港の建設を、なぜ急がなければならないのか」(TEMPO Interaktif, 06/07/27)
[PR]
# by nindja | 2006-07-27 12:00 | 援助の問題