2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2006年 04月 26日 ( 2 )

 政府は25日、アチェ和平合意の実施状況のモニタリングのため、内務省、政治・法・治安担当相事務所、最高検察庁、国家情報庁(BIN)からなる合同調査団を派遣した。同調査団は、アチェにおいて自由アチェ運動(GAM)の存在について確認することを目的としている。
 内務省のプロゴ・ヌルジャマン次官は、GAMがいまだに存在しているとすれば、それは和平合意に違反しており、ただちに解散するべきだと語っている。しかし基本的にアチェの状況は落ち着いており、今回のモニタリングはGAMメンバーの社会への再統合が順調に進んでいるかどうか確認するためのものであるという。(Suara Pembaruan, 06/04/26)
[PR]
by nindja | 2006-04-26 12:00 | 和平への動き
 メドコ・エナージー・インタナショナル会社総務部長アンディ・カラモイは26日、エクソン・モービル社がアチェ州のガス区域の債権すべてをメドコ・エナージー・インタナショナル会社、日本石油資源開発社(Japex)、プルミエルオイル社に売却したことを明らかにした。3社はブロックAガス田におけるエクソンの50%の利権を5100万ドルで購入し、それぞれ16.67%の持ち株で共有、未開発の地域に投資するという。
 コノコ・フィリップスのオペレーターは、炭酸ガス濃度が高いのでボーリングしても利益を生まないとし、ブロックAガス田地域を開発しなかったが、政府は会社持ち株を40%から48%まで増やすことに同意し、アチェ州のガス供給不足を解消するためにブロックAの開発をはじめるように求めた。(Jakarta Post, 06/04/26)
[PR]
by nindja | 2006-04-26 12:00 | その他