人気ブログランキング |

2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA

<   2005年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 エンドリアルトノ・スタルト国軍司令官は8日、2年におよぶ軍事戒厳令と非常事態宣言のあいだに、国軍は約4000人の自由アチェ運動(GAM)メンバーを殺したと豪語した。国軍兵士側の犠牲者は約200人で、その半数以上は非戦闘時の死者だったという。
 政府は2003年5月19日に軍事戒厳令を発令し、GAMを掃討するための本格的な軍事作戦に乗り出した。2004年5月19日に、軍事戒厳令は非常事態宣言に格下げされ、2005年5月、和平協議が進行するなかユドヨノ大統領は非常事態宣言を解除した。
 スタルト国軍司令官によると、軍事戒厳令が発令された直後に、GAMメンバーはそれまでの5000から6000人規模だったのが、9000人から1万人規模に増えたが、集中的な軍事攻勢で、現在のGAMメンバーは1200人から1500人に減り、武器も一時3000から3500あったのが、いまは500程度だという。また、この2年間で降伏したGAMメンバーは2825人で、3030の武器が押収された。
 スタルト国軍司令官は、和平協定が結ばれても、国軍はアチェから撤退しないことを再度強調している。(Kyodo, 05/06/08)
by NINDJA | 2005-06-08 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 ジョコ・キルマント公共事業相は7日、財務・開発監察庁の会計報告を待っていることから、アチェの津波被害者向けの避難民バラックを建設した請負業者に対して、政府はまだ支払いをおこなっていないことを認めた。
 ジョコによると、このバラック建設には28の地元請負業者と9つの国営企業が関わっている。50%の支払いについては、さきに公共事業省予算から拠出される。いっぽう、残りの支払いは財務・開発監察庁の会計報告が出されてからとなる。(Kompas, 05/06/07)
by NINDJA | 2005-06-07 12:00 | 援助の問題
 国会第1委員会のハッピー・ボネ・ズルカルナエン議員(ゴルカル党会派)は5日、政府が自由アチェ運動(GAM)との合意事項をもっと公開するべきで、もし合意事項について国会が同意できず政府との協議が行き詰ったときは、住民投票にかける可能性も排除しないと述べた。国会は、ただちにGAMとの合意内容に反感をもつわけではないが、協議のプロセスに評価をおこなうことは当然であり、政治的決断には政府と国会の同意が必要であるという。「インドネシア単一共和国の一体性を脅かす条項があれば、国会が断固とした態度を取るのは当然だ」
 また、第3者の介入によりアチェ紛争が国際問題化することの懸念も表明し、政府がそうした事態をどのように防止するか説明を求めた。
 いっぽう国民信託党会派代表のアブディッラー・トハ議員は、武力行使よりも平和的な方法で問題を解決する方がよいと短い声明を出している。しかしながら、GAM側が協議を利用して自分たち立場がインドネシア政府と同等であるかのようにみせる可能性には警戒すべきだという。(Kompas, 05/06/06)
by NINDJA | 2005-06-06 12:00 | 和平への動き
 国会第1委員会メンバーのトリスタンティ・ミタヤニ(国民信託党)は6日、国会が自由アチェ運動(GAM)との協議中止を求めているとする国会副議長スタルジョ・スルヨグリントの声明を否定した。トリスタンティによれば、国会第1委員会では、そのような結論も勧告もなされておらず、副議長が委員を代表する権限はないと述べている。またトリスタンティによれば、副議長の意見は、闘争民主党の考えを代弁しているだけだという。(TEMPO Interaktif, 05/06/05)
by NINDJA | 2005-06-05 12:00 | 和平への動き
 インドネシア・イスラーム大学の国際法研究者ジャワヒル・タントウィは5日、先日終了したインドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)の協議結果について、政府と国会が評価をおこなわなくてはいけないと語った。GAMが、政府の提案している特別自治を受け入れる意思があるか、みきわめるためであるという。ジャワヒルによれば、政府は仲介役である危機管理イニシアティブ(CMI)を批判すべきだという。「CMIは本当に両者から信頼されているのか、われわれは問いたい」
 そして、欧州連合(EU)や東南アジア諸国連合(ASEAN)など第三者による和平監視によって、アチェ紛争が国際化するのではとの懸念は十分理解でき、GAMが国際社会の支援を得ようとしていることもありうるが、GAMへの支援が実現する可能性は小さいだろうと語った。「アチェは歴史的文化的にインドネシアの一部であり、東ティモールとは違う」
 また、同じGAMであっても、スウェーデンの代表部とアチェにいるGAMとでは意見の相違がみられ、もしGAM内部で合意がなければ、協議の成果はゼロになるだろうとの意見を述べた。(detikcom, 05/06/05)
by NINDJA | 2005-06-05 12:00 | 和平への動き
 大地震と津波の発生から5カ月が過ぎたが、被災した住民たちは10億ドルにおよぶ支援金が具現化することを待ち望んでいる。バンダ・アチェ市スリン村長シャリル・アミンや大アチェ県ダエ・グルンパン村長ムフタル・マフムドは3日、記者に対して、郡や県・州の役所からしばしばヒアリングに呼ばれて多くの支援を約束されたにもかかわらず、実現したものはまったくないと語った。
 津波による被害が甚大だったダエ・グルンパン村の場合、津波前の人口は1671人であったが、生存者は334人で彼らは現在もテントで暮らしている。ムフタルは、住民の苦難が援助から利益を得ようとする者たちの道具にならないように望んでいる。「われわれは、もう何ももっていないのだ」
 いっぽうアチェ復興庁監視部代表のアブドゥラ・アリ教授は、当初のデータよりも避難民の数が膨れ上がったため資金が十分でなく、拠出が延期されたと述べている。また、アチェ暫定州知事アズワル・アブバカルは、地方政府による被災者への資金拠出が遅れているのは、中央政府から資金を得るための手続きが容易でないためと釈明している。(detikcom, 05/06/04)
by NINDJA | 2005-06-04 12:00 | 援助の問題
 エンドリアルトノ・スタルト国軍司令官は4日、シンガポールで、アチェ問題に関し、現在進行中の和平協議が恒久的な解決にいたること希望しているが、自由アチェ運動(GAM)のいくつかのグループが、和平協議をおこなっているグループのリーダーシップを認めていないという問題があると述べた。同司令官は、GAMの一部のグループが、スウェーデンの指導者を認めておらず、一枚岩でないことが問題であるとしている。(Jakarta Post, 05/06/04)
by NINDJA | 2005-06-04 12:00 | 和平への動き
 ソフヤン・ジャリル情報・通信相は2日、現在ヘルシンキでおこなわれているインドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)の非公式会議において、合意事項に沿った和平プロセスを監視するための、ASEAN諸国とEUによる監視団を組織する計画がもち上がっていることを明らかにした。
 この多国籍監視団の計画が内政干渉へと発展する可能性を危惧している国会に対し、ジャリルは、アチェの問題を国際的な問題にすることはないし、まだアイディアが出たばかりであり、実際におこなうかどうかは今後さらなる協議を経て決定されると説明している。(Suara Pembaruan, 05/06/03)
by NINDJA | 2005-06-03 12:00 | 和平への動き
 市議会議員(任期1999年~2004年)10人が関与した56億ルピアにのぼるバンダ・アチェ市予算の汚職事件は、アチェを襲った地震と津波以後、明らかになっていない。
 この天災が起きる前、バンダ・アチェ地裁より禁固18カ月の判決を受けていた被告たちは控訴していたが、現在までその法的プロセスは明らかでない。アチェ高等裁判所に送られることになっていた市予算横領事件の控訴状が、津波の際に消失してしまったからだ。
 アチェ高裁長官ムルカン・ルフィは1日、記者に対し、市議会議員10人が関与したこの汚職事件の行方がはっきりしないことを認めた。
 すでに報じられているように、元市議会議員10人は 2002年の市議会予算から56億ルピアを横領し、市議会議員のための私用乗用車28台の購入にあてていた。(Suara Pembaruan, 05/06/02)
by NINDJA | 2005-06-02 12:00 | その他
 ユドヨノ大統領は2日、東京で開催されたセミナーの席上、自由アチェ運動(GAM)との和平協議の見通しに楽観的であるとしながらも、アチェ州がインドネシアの一部としてとどまるべきだという政府の方針が強固であることも強調した。「アチェを救う最善の方法は特別自治を与えることである」
 インドネシア政府とGAMによる第5回目の和平協議は、7月12日からフィンランドでおこなわれる予定で、30年紛争を終結する協定は、欧州連合(EU)平和維持軍による監視を受ける見込みである。
 現在インドネシア政府と国会議員は、GAM指導者が提出した政治参加・停戦に関してのプロポーザルを検討しており、この結果が次回協議の課題を形成することになる。(Reuters, 05/06/02)
by NINDJA | 2005-06-02 12:00 | 和平への動き